ブログ

  1. 行政書士試験の試験会場と当日の雰囲気。

    今回は、試験日の会場と試験時間、当日の雰囲気などをご紹介します。まず、行政書士試験は「毎年11月の第2週の日曜日」が試験日となっています。試験時間は「午後1時~午後4時」までの3時間となります。この試験時間の3時間はかなり長い時間です。

    続きを読む
  2. 行政書士試験の難易度は?

    行政書士試験の難易度?行政書士試験の難易度ってどの感じかな?と思う方も多いと思います。国家試験・国家資格はさまざまなものがあります。

    続きを読む
  3. 行政書士試験の配点は?

    前回は、行政書士試験の出題科目をご紹介いたしました。今回は、試験の配点をご紹介します。例年、同じではないと思いますが、近年は以下の通りとなっています。全体で60問=配点は300点満点。 マークシート方式と記述式方式に分かれます。内容は・・・。

    続きを読む
  4. 行政書士試験の中身は?

    今日は、行政書士試験の問題の中身をご紹介します。もう知ってるよ、と言いう方も多いかと思いますが、とりあえず書かせて頂きます。試験の科目は、行政書士試験を管轄する「一般財団法人行政書士試験研究センター」のホームページでは以下の通りとなっています。

    続きを読む
  5. 行政書士になるためには。

    行政書士とは、毎年11月に国家試験がある国家資格です。    令和2年度の受験者数は「41,681万人」で、合格者数は「4,470人」  合格率は「10.7%」です。年度により受験者数・合格率などは異なりますが、おおよそ例年1割程の合格率となっています。

    続きを読む
  6. 子ども達に考えてもらいたい相続

    息子さん・娘さんたちの遺言・相続について遺言書や相続の手続きというと、ご高齢者の特権ではありません。相続を気になる年齢は終活を考えている方々が多いのは当然のことです。でも、相続はその本人だけが行うものではないのです。

    続きを読む
  7. 遺言書の作り方

    遺言書の作り方、書き方ここでは、遺言書の作り方を学んでいきたいと思います。遺言書を作成する場合、どのような方式にするのかがまず問題となってきます。以下に、遺言書の方式をまとめましたので、ご覧ください。遺言書の方式として大きく3種類あります。

    続きを読む
  8. 遺言書を作った方が良いケース

    自分では遺言書は必要ないと思っていませんか?でも、このような場合は遺言書を作っておいた方がよいでしょう。その事例は、◇ 子供がいないので妻に全部相続させたい。(配偶者は常に相続人となります。)⇒子供がいない場合、直系尊属(親)または兄弟姉妹が相続人となります。

    続きを読む
  9. 遺言書を作るのは簡単!

    遺言書を作るのは敷居が高い?遺言書作成は面倒なことではありません。なぜなら、「遺言書」は大別すると3種類しかありません。1. 自筆証書遺言2. 公正証書遺言3. 秘密証書遺言になります。

    続きを読む
  10. 相続の煩わしさの解消法

    相続の煩わしさ解消するのは「遺言書」を作ることなぜなら、「遺言書」があれば、面倒な遺産分割協議が要らなくなり、遺産分割協議書を作る必要もないからです。実際、相続のトラブル・争いの多くは、遺産分割をする時、遺産分割協議書を作る際に起こります。

    続きを読む
ページ上部へ戻る